新星法律事務所(福岡市中央区) - 事例紹介「法律相談Q&A」

新星法律事務所


事例紹介「法律相談Q&A」

遺言書を作成するにはどうすればよいですか。 [遺言・相続]

遺言書は自分で作成することもできますが(自筆証書遺言)、法律で定められた様式に合わない場合は無効となることがあります。自分の死後に、その意思を確実に実現するためには、公正証書遺言を作成することをおすすめします。公正証書遺言は、遺言の内容を証人立会いのもと公証人に話し、公証人が文書化するものです。

このページの上へ


新星法律事務所モバイルサイト
携帯へURL送信
http://www.shinsei-law.jp/mobi/
| ホーム | 弁護士プロフィール | 相談の流れ | 取扱業務 | 費用について | 法律相談Q&A | 事務所概要・アクセス | 個人情報保護方針 |